2013年02月15日

見えるか? 小惑星 2012 DA14

先週あたりから、地球に非常に近づく小惑星 2012 DA14のニュースをよく目にするようになりました。
すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、小惑星 2012 DA14は近地球型小惑星のひとつで、直径は45m、質量は13万トンと推定されています。
この小惑星の軌道はよく調べられており、地球に衝突することはありません。

【図1:動画】


この小惑星がまもなく、地球に最接近します。具体的には、日本時間2013年2月16日午前4時24分頃、地球からの距離が約27,700キロメートルになると推測されています。

こういう情報を得ると「見てみたい」とか「写真撮影に挑戦したい」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。計算してみると、国立天文台(東京都三鷹市)では、図2のように天空を動くと予想されます。

【図2:国立天文台 三鷹での見え方の図】
img0509.png
クリックすると拡大図が表示されます。


肉眼で見える?
さて観測しようとなると気になるのが明るさです。この小惑星、最も明るいときに約7等になると予報されています。暗いですね。約7等までしか明るくならないとなると、肉眼で見るのは非常に難しいでしょう。1等級くらいの振幅で変光しているという観測もあるのですが、
(たとえば、http://echo.jpl.nasa.gov/asteroids/2012DA14/2012DA14_planning.html#Background
それでも約6等なので、やはり肉眼で見るのは難しそうです。

双眼鏡や望遠鏡では?
では、双眼鏡を使ってはどうでしょうか?同僚の話では、東京都三鷹市付近の
夜空の明るさでは、小型の双眼鏡だと約7等が見えるか見えないかのぎりぎりのライン
ということです。さらに小惑星は約7等級で1分間に約1度角も移動すると予想されていますので、星座や星の並びをよくご存じの方でないと、見つけることさえ難しいかもしれません。
まとめると、星図を実際の星空に適用できる慣れた方ならば、大型の双眼鏡や小型望遠鏡を使って見つけることができるかもしれない、ということになります。

写真撮影、できる?
写真撮影はどうでしょうか? 先ほどの同僚が調べたところ、東京三鷹市もしくは調布市付近の夜空の明るさでは、高性能なカメラ・レンズを使っても、固定撮影で7等星がかすかにしか写らないのだそうです。
というわけで写真撮影も,たいへん難しそうです。

たくさんお問い合わせを頂戴していますので、下記の国立天文台ウェブページにも情報をまとめてあります。
興味をお持ちの方は覗いてみてください。
 
・国立天文台 よくある質問のページ「2013年2月16日に接近する小惑星 2012 DA14とは?」


国立天文台
広報室長 生田ちさと
posted by 事務局スタッフ at 09:15| Comment(0) | UNIVERSEニュース

2013年02月12日

星出宇宙飛行士 日本帰国

地上400km上空の国際宇宙ステーションに長期滞在した星出飛行士が日本に帰ってきます。

今回の長期滞在では、トータル21時間23分にもわたり、日本人最長となった船外活動や、人工衛星利用の裾野拡大が期待される国際宇宙ステーションからの小型衛星放出などが話題となりました。

しかし、半年にわたる長期滞在中に星出宇宙飛行士が行ったことはそれだけにはとどまりません。
今後、皆さんを宇宙にお連れするために知っておくべき宇宙環境の人体への影響について、自らを被験者としたデータ取得。宇宙特有の環境を利用した、技術革新が期待される各種実験。
さらには、地上と交信し宇宙での活動を知ってもらい感じてもらう広報・教育活動など星出飛行士の活躍は多岐に及びます。

是非、星出宇宙飛行士本人の口から宇宙で感じたこと、今回の長期滞在での成果、今後の展望など聞いていただき、人類が宇宙へ挑むことの意義や、今後の有人宇宙開発について一緒に考える機会にしていただければと思います。

帰国報告会の開催場所、日程などは下記URLをご参照ください。
http://www.jaxa.jp/event/2013/02_j.html

01.jpg
船外活動を行う星出宇宙飛行士(JAXA/NASA提供)


02.jpg
星出宇宙飛行士が長期滞在した国際宇宙ステーション(JAXA/NASA提供)


宇宙航空研究開発機構
広報部 企画・普及グループ長
名村栄次郎
posted by 事務局スタッフ at 11:38| Comment(0) | UNIVERSEニュース