2013年02月15日

見えるか? 小惑星 2012 DA14

先週あたりから、地球に非常に近づく小惑星 2012 DA14のニュースをよく目にするようになりました。
すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、小惑星 2012 DA14は近地球型小惑星のひとつで、直径は45m、質量は13万トンと推定されています。
この小惑星の軌道はよく調べられており、地球に衝突することはありません。

【図1:動画】


この小惑星がまもなく、地球に最接近します。具体的には、日本時間2013年2月16日午前4時24分頃、地球からの距離が約27,700キロメートルになると推測されています。

こういう情報を得ると「見てみたい」とか「写真撮影に挑戦したい」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。計算してみると、国立天文台(東京都三鷹市)では、図2のように天空を動くと予想されます。

【図2:国立天文台 三鷹での見え方の図】
img0509.png
クリックすると拡大図が表示されます。


肉眼で見える?
さて観測しようとなると気になるのが明るさです。この小惑星、最も明るいときに約7等になると予報されています。暗いですね。約7等までしか明るくならないとなると、肉眼で見るのは非常に難しいでしょう。1等級くらいの振幅で変光しているという観測もあるのですが、
(たとえば、http://echo.jpl.nasa.gov/asteroids/2012DA14/2012DA14_planning.html#Background
それでも約6等なので、やはり肉眼で見るのは難しそうです。

双眼鏡や望遠鏡では?
では、双眼鏡を使ってはどうでしょうか?同僚の話では、東京都三鷹市付近の
夜空の明るさでは、小型の双眼鏡だと約7等が見えるか見えないかのぎりぎりのライン
ということです。さらに小惑星は約7等級で1分間に約1度角も移動すると予想されていますので、星座や星の並びをよくご存じの方でないと、見つけることさえ難しいかもしれません。
まとめると、星図を実際の星空に適用できる慣れた方ならば、大型の双眼鏡や小型望遠鏡を使って見つけることができるかもしれない、ということになります。

写真撮影、できる?
写真撮影はどうでしょうか? 先ほどの同僚が調べたところ、東京三鷹市もしくは調布市付近の夜空の明るさでは、高性能なカメラ・レンズを使っても、固定撮影で7等星がかすかにしか写らないのだそうです。
というわけで写真撮影も,たいへん難しそうです。

たくさんお問い合わせを頂戴していますので、下記の国立天文台ウェブページにも情報をまとめてあります。
興味をお持ちの方は覗いてみてください。
 
・国立天文台 よくある質問のページ「2013年2月16日に接近する小惑星 2012 DA14とは?」


国立天文台
広報室長 生田ちさと
posted by 事務局スタッフ at 09:15| Comment(0) | UNIVERSEニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。